windyのブログ

シャドバやら遊戯王やらハースやら趣味についてのっけます

ハース アリーナについて 2.ヒーロー選択

アリーナにおいて最初のヒーロー選択はもちろん重要です。

 

hsreplay.net

こちらのサイトによると、現在のヒーロー別勝率は以下のようになっています。

f:id:windy13:20171215214506p:plain

 

このデータによると、ハンターが勝率56%と断トツのトップであり、ウォーロックとプリーストがそれに次ぐ形で勝率52%をキープしています。

 

パラディンはほとんど勝率5割で4番手、ローグ/ドルイド/メイジ/シャーマンは勝率46%程度で横並び、ウォリアーが最下位という結果です。

 

 

この結果を見て気が付く事は、ヒーローの強さが騎士団環境と全く異なるという事です。

騎士団環境ではローグ/パラディン/ドルイドが強く、現状強クラスとなっているハンターやプリーストはそこまで目立ってはいませんでした。

 

 

ヒーローの強さが大きく変化した理由として、以下の二つが挙げられると考えます。

1.コボルト産カードのクラス間格差

2.ゲームスピードの変化

 

 

1.コボルト産カードのクラス間格差

 

これはその名の通り、コボルトパックにおいて強いクラスカードをもらえたかどうかという事です。

それが顕著に表れたのはハンターでしょう。

 

・側面攻撃

f:id:windy13:20171215221616p:plain

 

・キャンドルショット

f:id:windy13:20171215221853p:plain

 

を始めとする、小回りが利いて盤面を取るのに適しているカードを多く得ました。

 

特にキャンドルショットは、

・石肌のバジリスク

f:id:windy13:20171215010924p:plain

 

・呪われた門弟

f:id:windy13:20171215222430p:plain

といった、厄介な体力1ミニオンを安全に処理する際に非常に力を発揮します。

特に上記の2枚はコボルト産カードであり、かつ評価も高めなので遭遇する機会も高いでしょう。

 

また、

・エメラルドの呪文石

f:id:windy13:20171215222044p:plain

 

というパワーカードも獲得しました。

 

もちろん構築戦のような大暴れは期待できないですが、ワンダリングモンスター

f:id:windy13:20171215222928p:plain

の追加もあり非常に頼れるカードとなっています。

 

 

ハンターと逆の事が言えるのは、ドルイドでしょう。

騎士団環境では、

・究極の侵蝕

f:id:windy13:20171215004932p:plain

 

・拡がりゆく虫害

f:id:windy13:20171215223236p:plain

といったパワーカードをピックしやすかったため強ヒーローの一角を占めていました。

 

しかし最新弾が騎士団でなくなったため、これら強カードをピックすることが難しくなりました。

コボルト産カードにもジャスパーの呪文石

f:id:windy13:20171215223910p:plain

といった有用なカードはあるのですが、現状は騎士団カードがピックしにくくなったという点が大きい様です。

 

 

 

2.ゲームスピードの変化

 

騎士団環境では、コバルト・スケイルベインやボーンメアといった強ミニオンが出現しやすく、またこれらのカードの特性から盤面を一回支配すればそのまま削り切れることが多かったと言えます。

 

しかし最新弾がコボルトになった事から、上記2枚のカードは出現しにくくなりました。

 

出現しやすいコボルト産カードには、

・眠れるドラゴン

f:id:windy13:20171215225758p:plain

 

・キノコ酒造師

f:id:windy13:20171215230051p:plain

といったコントロール寄りなカードが多く存在します。

 

クラスカードに言及すれば、

・心霊絶叫

f:id:windy13:20171215230343p:plain

 

・ヴォイド・ロード

f:id:windy13:20171215230417p:plain

といった、正しくアグロ殺しと言えるカードが存在しています。

 

つまり、コボルト環境になりゲームスピードが比較的遅くなったと言えます。

これは、コントロールに長けているプリーストやウォーロックが強ヒーローとなっている一つの要因と言えます。

 

 

逆に、ローグはこれにより苦戦しています。

 

ローグはそのヒロパの特徴から、体力を犠牲にテンポ/盤面を支配するのが得意なヒーローです。

 

かつての騎士団環境では、ボーンメアなど前述の強カードの特性とヒーローの特徴が噛み合い、アリーナ番長といえるほどの強さを手にしていました。

 しかしコボルト環境になりゲームスピードがミッドレンジからコントロールへ変化すると、相手に粘られることで勝ちきれずリソース負けすることが多くなりました。

 

また、天敵ともいえるハンターの躍進もローグには厳しい点です。

 

ローグの特長である、体力を犠牲にテンポ/盤面を支配していくゲーム展開において、ハンターのヒロパは非常に強力です。

盤面を取り先に削り切ろうとしても、先ほど述べた優秀な新規ハンターカードによって巻き返されてしまいます。

 

つまり、現在のローグは自分より遅い相手には勝ちきれず、早い相手には体力をキープできないという状況に置かれています。

 

もちろん、ローグのストロングポイントである優秀なヒロパは失われたわけではありません。

騎士団のようなミッドレンジで削り切る意識を変え、体力をケアしつつ相手によって適切なゲームスピードで進行させる意思が重要になりそうです。

ハース アリーナについて 1.コボルトリリースによる変化

新弾「コボルトと秘密の迷宮」のリリースにより、ハースストーンのアリーナ環境も大きく変わりました。

 

最新弾が騎士団からコボルトへ変更したとともに、新しいパッチが当てられカード出現率が大きく変更されたからです。

hs-exp.jp

こちらのサイトを参考にまとめると、

出現倍率は以下のようになっています。

 

中立

・基本/クラシック:1/2

・最新パック(現在はコボルト):2

・その他パック:1

 

クラスカード(ミニオン)

・最新パック(現在はコボルト):4

・その他パック:2

 

クラスカード(呪文/武器)

・最新パック(現在はコボルト):7

・その他パック:4

 

この出現倍率をみると、

・中立よりはクラスカードの方が出現しやすい

コボルト産カードが出現しやすい

・呪文/武器は比較的出現倍率が高い

事がわかります。

 

 

今までは最新弾が「凍てつく玉座の騎士団」であったため、騎士団産カードが出現しやすい状況でした。

 

騎士団産カードには、

・ボーンメア

f:id:windy13:20171215004434p:plain

・コバルト・スケイルベイン

f:id:windy13:20171215004512p:plain

など、低レアであるにも関わらず強力な中立ミニオンが複数存在するとともに、

・究極の侵蝕

f:id:windy13:20171215004932p:plain

・凍血の魔王妃ジェイナ

f:id:windy13:20171215005029p:plain

など、高レアであるがあまりにパワーを持つため、この1枚で戦況がひっくり返す事が可能であるようなカードが存在していました。

 

特に、凍血の魔王妃ジェイナを始めとする「DKカード」はヒロパを永続的に強化するものであり、その大半は正しくパワーカードでした。

そのため、これらDKカードは出現しないよう調整が騎士団環境中に行われましたが、

総じて、騎士団環境でのアリーナは「ピック運」が大きく絡む、またはそうプレイヤーが感じる場面が多かったのではないかと考えます。

 

 

コボルトの新カードについてですが、大手サイトによるアリーナカード格付けを見ると確かに高い評価を得ているカードは存在します。

 

例えば、

・石肌のバジリスク

f:id:windy13:20171215010924p:plain

・回廊漁り蟲

f:id:windy13:20171215011014p:plain

などが一般的に点数が高いカードです。

 

しかし、これらのカードによって試合が壊されたという意見は、少なくとも騎士団環境のそれと比較すると非常に小さいと私は感じます。

 

理由としては

・これらのカードは状況に応じて強さが変化するため使い所を選ぶ

・試合を直接決めるフィニッシャーではなく中盤のトレードにおいて強いため、試合を壊されたという印象が少ない

・純粋にカードプールが広がり、試合で見かけるカードが一部に偏りにくくなっている

などが挙げられるのではないでしょうか。

 

 

長々と書いてきましたが、私が個人的に主張したいことは、コボルトでのアリーナ環境は非常に"良い"という事です。

 

"良い"という意味は、純粋にプレイしていて楽しいという事です。

勿論たくさん勝てれば最高ですが、その勝率についても、この環境では安定して各自の実力に比例したものになると感じます。

つまり、いわゆる「ピック運」に左右されるという印象は、上述したことも踏まえて実際にプレイしていて非常に少ないです。

 

騎士団環境でアリーナに疲れた方も、コボルト環境に変化した記念として試しに1回挑戦されてはいかがでしょうか。

 

今回は、騎士団環境の不満についてと、コボルト環境が"良い"という事を述べました。

次回は、どのヒーローを選ぶかについてまとめたいと思います。

ハースストーン 新弾コボルト予想

地味だけど強そうなの

 

中立

・5/1/5猛毒挑発……個人的に好き、アリーナだと強そう

・芋虫7匹出す奴……アグドルのお守り枠に入れてもよし

・4/5/1……1ダメ出せず小粒ミニオン出せないヒーローにはきつい、プリ嫌いならコレ

・回廊漁り……アグロかミッドに入って暴れそう

・全体攻守反転……俺のミートワゴンが火を噴くぜ、真面目に使っても楽しそう

・6/4/10……9/4/12もそうだけどプリメタの意識を感じて好き

・魔力の暴帝……構築に入るかわからんが究極から出てきたら乳首もぎ取る

・性悪な召喚士……呪文絞ったハンターで荒野見せてやりますよ

 

ウォリアー/ウォーロック/シャーマン

・6/5/9……うざいぜ

・呪文石……ガントレットと合わせて割と強そう

 

ウォーロックは、5/2/2とレジェ以外は分かりやすく強い(パワーがある)

・レジェは正直分らん、たぶん弱いと思う

 

・ランダム12回復……コンシャーできるぜ

・雄たけび2回発動……悪いことしようぜ

・断末魔トーテム付与……正直こういうのシャーマンに欲しかった、色々な奴と噛み合うと思う

 

休憩

ハースの新カード紹介と考察

新カード全部出揃ってからいろいろ言ってきます

 

タイトル詐欺と言えばそうだけど、こうしないと忘れちゃうんで一応

新弾環境 初日

新弾初日ですな

 

30連の結果です

そこそこいいと思います、嬉しい

f:id:windy13:20170629223236p:plain

f:id:windy13:20170629223255p:plain

f:id:windy13:20170629223309p:plain

 

環境についてですが、予想よりもNロイヤルが多くてヴァンプが少ないみたいです

ネクロも、環境初日は屍王やら闇アリスやらいろいろ試す人が多いかなと思ったんですが、そんなに見ませんね……

エルフも、野獣と双撃で騒がれていたので皆使うのかなと感じていたんですが、そんなに甘くはなかったみたい

土やら昆布やら早くもメタの意識も出てきているみたいで驚きです

 

個人的には、禁忌の取り回しにまだ慣れなくて辛いです

ドワーフやアサルト、エンシェントで手札いっぱい!禁忌ドカーン!

みたいなイメージだったんですけど、禁忌を出すタイミングがまだ掴めなくて苦戦中です。

 

ヴァンプは伸びると思ったんですけどねぇ……

アグロに寄るどころかNロイヤルメタで昆布になるかもという話まであるのは驚き

まぁ初日ですし、ゆっくり見ていきます

怖くてまだランクマやってないし……

新弾の環境予想(3.中期直前)

新弾初期の環境をザックリ予想します。(☆→◎→○→●の順に流行)

中期直前

☆ミッドヴァンパイア:単体のカードパワーで有利に進めていく。昏きはもうミッドには入らない

◎Nミッドロイヤル:疾走要素が加わり始める。レシピが完成されていく段階になる

◎土ウィッチ:禁忌が土デッキに認知される。環境二番手になる勢い

◎N疾走ビショップ:デッキ内容は変わらないが、ドロシー同様安定しないため徐々に立場を落とす

〇エルフ:Nエルフもいるが、基本はリノ中心でそれに野獣が混ざるかというところ。ディ&ダムが強い

〇アグロヴァンプ:デッキ内容は初期と変わらない。カラボスがどうなるかというところ

環境が定まり、メタが意識され始める直前です。カードパワーが純粋に強いヴァンパイアが一番ですが、この頃になると土も広く使われます。禁忌がマッチします。

正直、今回の予想は一番難しいです。Nデッキの存在からデッキタイプが急激に増加し、どう動くか予想することは非常に厳しい。

新弾の環境予想(2.初期)

新弾初期の環境をザックリ予想します。(☆→◎→○→●の順に流行)

初期

☆ミッドヴァンパイア:前に寄せた構築になり、昏きの役割はソウルドミネーターに代わる

☆N疾走ビショップ:アグロのような動きに変化。イーグルマンが広く認知される

◎Nミッドロイヤル:ロイヤルはNに寄っていく。兎耳とトランプナイトで補充

◎土ウィッチ:禁忌が徐々に土に入り始める。速さは少し遅めのミッド

〇エルフ:Nかリノ中心か揺らぐ時代。どちらも見る

〇アグロヴァンプ:カラボス入りのアグヴ。ラダーではもう少し前から見るようになるかも

Nデッキという新たな存在から、多様なデッキが見られます。環境も決まりにくく、最初期よりも全体的に前に倒れていきます。ドラゴン、ネクロはこれといったデッキが出ず環境に顔は出しませんが、その分コンセプトが非常に読みにくい相手になります。